振動計測・評価

地盤振動計測道路交通振動、鉄道振動、工場振動、建設作業振動、イヴェント振動などの環境振動を計測し、目的に応じて分析・評価を行います。
環境振動は、予測・評価・対策の観点からそれぞれの特徴を捉える必要があります。

①環境影響評価

振動源を特定し、対象物件がどのような振動影響を受けているかを把握するために振動計測を行います。

②振動対策工の設計資料

現状の振動源あるいは将来における新たな振動源により、対象物件・地域における振動が許容限度を超えると判明し、振動対策を講じる場合には、計測データから減振設計のために必要な情報を得て、対策工を設計します。また、対策後にも振動計測を行い、対策効果を確認します。

計測機器一覧

制作会社 加速度
ピックアップ
データ収録 同期計測 測定周波数(Hz)
(株)小野測器 NP-7310 DS-2100
(XN-8100)
4ch(簡易計測用)
24ch(直交3成分×8測点)
0.4~100(±2.5%)
(株)東京測振 VSE-15A
VSE-15D
SPC-51(有線)
WX-300(無線)
15ch(直交3成分×5測点) 0.2~70

計測内容と評価内容

評価項目 振動レベル 居住性能 その他

①環境影響評価 対象区域における振動レベルを計算し、下記の評価指針に基づき評価を行う。 下記の評価指針に基づき、建物内の居住性を評価する。
②振動対策工の設計資料 計測値と評価指針を比較し、減振目標値を決定する。また対策後の振動計測にて減振性能を確認する。 居住性に影響を与えている周波数帯域を定め、減振目標値を決定する。また対策後の振動計測にて減振性能を確認する。 対象地盤における周波数特性を把握し、対策工の設計(簡易設計および詳細設計)に資する。
評価値 Lmax:振動レベルの最大値
L10:計測値の80パーセントレンジの上端の数値
1/3オクターブバンド毎の振動加速度最大値 フーリエスペクトル
1/3オクターブバンドスペクトル
評価指針 振動規制法(環境省)
環境保全上緊急を要する新幹線鉄道振動対策について(環境省)
建築物の振動に関する居住性能評価指針・同解説(日本建築学会)

環境振動の評価について

WIB工法 振動対策・液状化対策

セミナー情報

・最新のセミナー情報

セミナーの開催予定は、現在ありません。

・過去のセミナー情報