振動対策

環境振動について

環境振動とは、道路交通振動、鉄道振動など、日常生活の中で発生する振動のことです。多様化する社会のなかで,様々な低減対策が求められています。環境振動には、以下のようなものがあります。

振動の種類 説明
道路交通振動 車両が道路を通過することにより発生する振動です。起伏やひび割れのある道路、また軟弱地盤上の道路などは振動が発生しやすくなります。
鉄道振動 列車の走行に伴い発生する振動です。鉄道沿線の建物が振動影響を受けることがあります。
工場振動 工場内の機械稼働等により発生する振動です。敷地内の事務所や近隣の建物が振動影響を受けることがあります。
建設作業振動 建物や道路等の建設作業中に発生する振動です。工事車両の走行や杭の打設作業などにより発生した振動が、近隣建物へ影響を及ぼすことがあります。
イヴェント振動 スポーツ施設やイベント施設などにおいて、観客の動作(縦ノリ行動)が原因で発生する振動です。大勢の観客が同時に同じ動作をすることで振動が発生し、近隣建物へ影響を及ぼすことがあります。
微振動 精密機器を扱う工場や施設、また医療施設などでは、人体には影響しないような微小な振動が問題になるケースがあります。

環境振動の評価について

WIB工法 振動対策・液状化対策

セミナー情報

・最新のセミナー情報

セミナーの開催予定は、現在ありません。

・過去のセミナー情報