WIB工法について

WIB工法の特徴

WIB工法には、以下のような特徴があります。

①高い減振効果

  1. 高い減振効果振動対策の場合、性能設計により、6dBから15dB超の減振目標量が可能です(1/2から1/3超の振動へ低減)。
  2. 液状化対策の場合、地震動を1/5程度まで低減し、液状化を防止します。これは震度階級を1下げることに相当します。
  3. 軟弱地盤から発生する20Hz程度以下の低周波振動に対して、特に高い減振効果を発揮します。

振動の減振量と減振率の対応
振動レベルと震度階の対応

②様々な振動への対応

  1. 様々な振動への対応環境振動に多い鉛直振動と、地震に多い水平振動に対応します。
  2. 道路交通振動、鉄道振動、工場振動、建設作業振動、イヴェント振動などの様々な環境振動に対応します。
  3. 3Hz程度から100Hz程度までの帯域において、減振対象とする振動数帯域を設定して減振します。

③広い適用度 

  1. 新設・既設構造物のどちらにも対応できます。
  2. 物件に応じて、以下のいずれの場所にも施工が可能です。
    発振源直下(道路/線路軌道/工場等)
    受振側直下(住宅/事務所等)
    振動伝播経路(敷地地盤/歩道等)

詳しくはこちら

④設計法

高い振動予測精度と目標減振量の達成が可能な性能設計法を用い、目標減振量を設定し、費用対効果の観点から最も適切なWIB工の諸元(形状、部材性能、品質等)の検討を行います。物件に応じて、以下の設計法を選択します。

  1. 簡易設計法(事前調査と設計事例のデータベースによる設計)
  2. 詳細設計法(事前調査に基づいたコンピュータ・シミュレーション解析による設計)

⑤複合効果

  1. 建物の基礎作りが同時にでき、土止め工・止水工との併用可能です。
  2. 次の3つの効果を同時に発揮するので、対策コストをトータルで低く抑えます。
    「振動対策」(環境振動の改善/地震力の低減)
    「液状化対策」
    「不同沈下対策」

⑥短い工期

WIB工厚さは薄く、改良深度が浅い場合が多い(通常10m程度以内)。

⑦少ない廃土

掘削をせずに原位置の土を主要材料として使用するので、廃土は改良柱体積の10%程度に収まります。

⑧環境への配慮

WIB工の施工は低振動・低騒音であるため、周辺環境にほとんど影響がありません。また、改良土は地下水汚染や二次公害がほとんどありません。

WIB工法 振動対策・液状化対策

セミナー情報

・最新のセミナー情報

セミナーの開催予定は、現在ありません。

・過去のセミナー情報